2007年07月12日

1/72セスナ172

懲りずにスケール機です。1/72スケールのセスナ172。
スパン153mm。1.5mmスライススチロールのボックス構造。mk4−10モーター。ハニービーのテールペラ使用。
20mAhリポ使用で、全備重量2.83g(未塗装)。スロットル、ラダーの2CH。
まさに手のひらサイズ
DVCsesuna3.jpg
バッテリーは胴体下面に両面テープで固定。
DVCsesuna2.jpg
で、2.83g
DVCsesuna4.jpg
リアビュー。ボンネットはモータースラスト調整用にまだ接着したない。バッテリーハッチもボンネットもとりあえず、マスキングテープで固定。脚は0.3mmのアクリル板と0.5mmカーボンロッドの構成。
DVCsesuna5.jpg
室内でのグライドテストは良好。しかし、飛ぶんだろうか?
家族の感想は「絶対飛ばない」!

posted by 激熱??監督 at 18:32| 静岡 ☔| Comment(16) | TrackBack(0) | ラジコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

EDF30

EDF30はすでにmotoさんが軽量化をした。ダクトを穴あけしたりで、4.2gから1.38gへ2.82gの軽量化に成功!
僕は違う方法で軽量化。ダクトだけでなくユニットの総重量が7.69gから4.5gへ、3.19gの軽量化に成功。
まず、カーボンダクトだが、治具を使いカーボンを巻いて作った。
DVCdact1.jpg
次に整流板をオリジナルのダクトから切り取る。
DVCdact2.jpg
その整流板をカーボンのダクトに接着。
モーターは7mmオレンジを使用。φ10のモーター取り付け用なので、1.5mmのバルサを長さ10mm、幅3mmに切って120度の角度で3箇所に挿入。で、φ7mmがφ10mmにぴったり。
この状態で4.5g。
DVCdact3.jpg
オリジナルと7mmオレンジモーターとバルサで7.69g
DVCdact4.jpg
最後にダクトの吸入口をスチロールで巻き、整形して終わり。
DVCdact5.jpg
ただし、電流が約200mAh流れてるので、オリジナルより推力は少し下がったかも。というのも、ダクトをカーボンで作ったが内径φ30より少し小さかったので、インペラを少し削った為。
皆さんもお試しあれ。
posted by 激熱??監督 at 16:54| 静岡 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ラジコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

筑波TTレース

先週の土曜日に筑波サーキットで2007筑波TTレースが開催された。長男がこのレースのNS2クラスに参戦した。
午前中の予選は38台中12番手。予選中に赤旗が出て、その時点で自分の前に多くのマシーンがあったためタイムアタックが大渋滞の中だったそうだ。おかげでタイムが出なかった。
まー、マシンも数日前に完成したばかりで、初乗りということもあっただろう。

やはりスタート位置が悪く集団に飲み込まれてる。

スタート1週目から黄色君がインベタ走行でブロックされ、なかなか抜けない。そうこうしている間に先頭集団から離されていく。

何週かかかってやっと抜いたが、すでに時遅し。先頭集団を必死に追うが時間切れ。
でも、こうして一生懸命にやることが大切。
何事も熱くならなきゃ面白くない!
次の鈴鹿もがんばろう。
ということで、息子のレースの模様でした。
詳しくは彼のブログhttp://sakuraracing.seesaa.net/で。



posted by 激熱??監督 at 17:51| 静岡 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。