2007年07月09日

EDF30

EDF30はすでにmotoさんが軽量化をした。ダクトを穴あけしたりで、4.2gから1.38gへ2.82gの軽量化に成功!
僕は違う方法で軽量化。ダクトだけでなくユニットの総重量が7.69gから4.5gへ、3.19gの軽量化に成功。
まず、カーボンダクトだが、治具を使いカーボンを巻いて作った。
DVCdact1.jpg
次に整流板をオリジナルのダクトから切り取る。
DVCdact2.jpg
その整流板をカーボンのダクトに接着。
モーターは7mmオレンジを使用。φ10のモーター取り付け用なので、1.5mmのバルサを長さ10mm、幅3mmに切って120度の角度で3箇所に挿入。で、φ7mmがφ10mmにぴったり。
この状態で4.5g。
DVCdact3.jpg
オリジナルと7mmオレンジモーターとバルサで7.69g
DVCdact4.jpg
最後にダクトの吸入口をスチロールで巻き、整形して終わり。
DVCdact5.jpg
ただし、電流が約200mAh流れてるので、オリジナルより推力は少し下がったかも。というのも、ダクトをカーボンで作ったが内径φ30より少し小さかったので、インペラを少し削った為。
皆さんもお試しあれ。
posted by 激熱??監督 at 16:54| 静岡 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ラジコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごくカッコよくできてますね、このカーボン板は穴あけた状態で販売しているのですか?曲げやすそう
Posted by としちゃん at 2007年07月09日 20:59
何か凄い物が出来てますね〜
機体は〜???
Posted by kobara at 2007年07月09日 21:53
このカーボンは、確か「カーボンキュアシート」という商品名で、エアクラフトさんで売っていたような記憶です。なにぶん随分前の(7年位前?)購入なので。としちゃん、穴が開いてるわけではないです。細いシートを編んでるんです。その密度が大きいので隙間があるんですね。その穴から洩れるかもしれませんね。kobaraさん、機体は考えてません。でも最初はスケール機ではないでしょう。
Posted by 監督 at 2007年07月10日 12:06
やはり筒の部分が重いんですね〜 
カーボンシートですか ^^ 良い物見つけました
整流板は元々有る物で要ったのですね、効率よさそうです
Posted by yas at 2007年07月14日 08:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。