2007年11月21日

赤外線モジュール

以前から赤外線モジュールが欲しかった。しかーし、tokoさんのshopではfutabaしか対応してなかった。僕のはJR。新しくfutabaの送信機を購入してもいいが、今までの受信機がJR対応なので、受信機も全てfutaba用に交換しなければならない。それはもったいないし、面倒。四国遠征でそんな話が出てkobaraさんが作られたので、僕も真似して作ってみた。この送信機はSWの切り替えで、JR→JR、
JR→futabaと非常に便利。fuzinawaさんのプログラムをkobaraさんに焼いてもらい、大変感謝!
これがモジュール内部と発光LEDキバン(tokoさんのe-shop)
DVCnaibu.JPG
単4電池ケースを使って収めたが、周波数切り替えSWとメーカー切り替えSWを付けたので、ぎゅうぎゅう詰。
全体はこんな感じ。
DVCsousinki.JPG
後姿はこんなです。ケース上面に電源SW(ケースに付属)
側面に周波数切り替えSW(白)、メーカー切り替えSW(赤)。
DVCusiro.JPG
赤外線もバッチリ!
DVCsekigaisen.JPG
デジカメで赤外線の出具合を見たが、今までのより強力みたい。
まだ体育館でのテストをしてないが、期待できそう。
kobaraさん、fuzinawaさん、ありがとうございました。
また、美味しいものがあればパクらせて頂きます。
posted by 激熱??監督 at 12:01| 静岡 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | ラジコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお〜ビッカビッカ光ってますね〜〜
体育館でちゃんと使えると良いのですが

アンテナ伸ばさないといけないのが、不便ですが、エレボン機や、色々ミキシングも楽しめるので、製作機体の幅も広がるかもですね。
Posted by kobara at 2007年11月21日 17:01
実は、kobaraさんのGWSの受信機とタイプが違うので、信号を出してる箇所が違うのです。オシロで確認すればいいのですが、面倒なので、ここだろう!と勢いで配線しました。信号がPICに入ってるからちゃんと発光してるのですよね?まだ動作確認はしてないので、少し心配です。今晩やってみます。体育館の中ならアンテナも伸ばさなくてもいけるかも?これもテストしてみないと分からないです。
Posted by 監督 at 2007年11月21日 17:23
そうですね、信号無いと光らないようになっているみたいです、送信機の電源切ると光りません、
アンテナは伸ばさないと送信機側のファイナルアンプあたりに負担がかかるとか、としちゃんが言っていたので、私は半分くらい伸ばしてやってます。
Posted by kobara at 2007年11月21日 17:44
動作確認OK!モード切り替え確認OK!
あとは到達距離テストのみ。
Posted by 監督 at 2007年11月21日 18:54
私はアンテナをkobさんの所にあるフレキシブルタイプに交換しています。
長さもちょうど半分位になるので便利ですよ。
SALなんか飛ばす時もアンテナを気にしないでぶん投げれます(笑)
Posted by 八歳 at 2007年11月22日 13:07
私はアンテナをkobさんの所にあるフレキシブルタイプに交換しています。
長さもちょうど半分位になるので便利ですよ。
SALなんか飛ばす時もアンテナを気にしないでぶん投げれます(笑)
Posted by 八歳 at 2007年11月22日 13:10
八歳さん、どうも。そちらは凄く寒いのでしょうね。来年春まで外では飛ばせられませんね。それまでは部屋で飛行機作りましょう。
Posted by 監督 at 2007年11月22日 17:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。